ハリケーン・ハーベイが去った後に、米国
テキサス住民は奇妙な生物を見つけました。
Fcreature1
動物は数メートルの長さで、尖った尾根が
付いた太くて鋭い歯、小さな鰭...そして
何よりも目がありませんでした。

生物学者によればこの生物は「ウナギ」である
可能性があり、その詳細については現在まで
わかっていません。米国自然史博物館の生物
学者ケネス・ティグ博士によると、正確には、
プラトフィス・チャリオドゥス(aplatophis
chauliodus)、すなわち「牙を持つウナギ」で
はないかといわれています。
dims
ウナギは一般に40〜90メートルの深さで
生息しているため観察するのは難しい
種類です。彼らはまた非常に小さな目を
持っています。専門家はこのサンプルは、
テキサス州を襲ったハリケーン・ハーベイの
影響で200km/hを超える暴風雨のため、海面まで
打ち上げられた可能性があると推定しています。

ソース:www.huffingtonpost.fr